海賊版対策、「警告表示」に慎重論 通信の秘密の侵害を懸念🔓

漫画を無断で投稿する「海賊版サイト」の対策を議論する有識者検討会が4月19日、総務省で始まった。昨年議論が紛糾し、法制化を断念した「ブロッキング」に代わり、新たに「アクセス警告表示」が示されたが、早くも有識者から慎重論が相次いだ。情報通信消費者ネットワークの長田三紀氏は「対策をしなければいけないというのは十分理解できるが、通信の秘密を軽く考えることについては疑問がある」などと指摘した。検討会は6月をめどに意見をまとめる方針。

「見られている」に抵抗感

インターネット上の海賊版サイトへのアクセス抑止方策に関する検討会

昨年のブロッキングに続き、アクセス警告表示にも慎重論が相次いだ有識者検討会(19日、総務省にて)

総務省が示した「アクセス警告表示」は、海賊版サイトに接続する際に警告ポップアップを表示させる仕組み。「警告、海賊版サイトです!本当にこのサイトにアクセスしますか?」と問いかけ、ユーザーに引き返すか先に進むかを選択させる。一定の抑止策になるとして、昨年導入が見送られた「ブロッキング」(強制的な接続遮断)に代わる対策として示された。

この方式では、インターネット接続業者がユーザーの閲覧先をチェックするため、憲法が保障する「通信の秘密」の侵害に当たらないようユーザーから事前の同意を得る必要がある。総務省はマルウェア感染防止プロジェクトを参考に、契約約款に事前同意を盛り込む案を提示。こうした包括同意が法的に有効と言えるのかどうかについても検討課題とされた。

検討会では異論が噴出。消費者団体から唯一参加した情報通信消費者ネットワークの長田三紀氏は「海賊版サイトからの(静止画の)ダウンロードを違法とする判断が示されない中で、アクセス警告方式を検討するのは順番が違うのではないか。海賊版サイト対策をしなければいけないというのは十分理解できるし、協力していきたいが、通信の秘密を軽く考えることについては疑問がある。コストの問題も非常に大きな問題で、誰がどのように負担していくのか…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

新着記事

  1. 生活クラブ生協の創立50周年記念フェスタが5月25日、東京都内で開催され、約4千人の来場者が生産者と...
  2. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  3. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  4. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  5. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る