【英国】メトロバンクの株価急落で動揺 消費者団体「冷静に」

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

会計ミスが発覚するなどして株価が急落している英国の新興銀行メトロバンクについて、消費者団体Which?は5月14日、預金者に向けて冷静に行動するよう呼びかけた。インターネット上でデマが飛び交い、一部支店で行列ができるなどしているという。

メトロバンクは2010年創業の新興銀行。これまでの銀行のイメージを覆す徹底した顧客サービスを展開して急成長し、2016年には株式上場を果たした。しかし今年1月、会計ミスが発覚するなどして株価が急落。発覚前に22ポンドだった株価が5.33ポンドにまで落ち込み、下落率は75%にのぼった。

同行はサービスの一環として、遺言書や保険証書、宝石類などを保管するデポジットボックス(いわゆる貸金庫)を提供しているが、インターネット上では預けた金品が差し押さえられるというデマが拡散。ロンドン市内の一部店舗で行列ができる騒ぎにまでなったという。

Which?は、メトロバンクへの預金が金融サービス補償スキーム(FSCS)により8万5000ポンド(約1200万円)を上限に保護されることを紹介。デポジットボックスに預けた金品は、同行が倒産した場合でも保全されると呼びかけた。ただし、8万5000ポンド以上の預金がある場合は超過分を失う危険性があるため、「同行で複数のサービスを利用している場合は残高を合算し、補償上限額を超えていないかを確認してほしい」とアドバイスしている。

動揺が広がるメトロバンクだが、今年の1-3月期には新たに9万7000人の新規顧客を獲得。サービスに対する評価はトップに君臨し、高収益企業としても知られている。Which?は追加の資金調達を計画していことを紹介するなどして、預金者に冷静な行動を呼びかけた。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  2. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc
  3. 日本生活協同組合連合会
    日本生活協同組合連合会が実施した2020年度「家計・くらしの調査」によると、昨年(1-12月)の消費c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEは9月16日、ペットフード安全法を求める署名運動に開始1カ月足らずで2万c
  5. DECO過剰包装削減キャンペーン
    ポルトガル最大の消費者団体DECO PROTESTEは9月14日、過剰包装削減キャンペーンを開始したc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る