【豪州】存在感増す植物性の代替肉 9割が「また買う」

植物ベースの肉代替食品の人気が高まっていることを受け、豪州の消費者団体CHOICEが新商品の食味テストを実施した。ビーガンやベジタリアン、肉好きなど10人のうち9人が「また買ってもいい」と評価し、同団体は消費者に「代替肉がメニューの主流になってきている。値段は高いが、試してみる価値はある」と推奨した。

同国では肉を中心としたメニューを敬遠する人が増えており、ビーガン(完全菜食主義)やベジタリアン(菜食主義者だが卵や乳製品などは食べる)、フレキシタリアン(肉は食べないが魚は食べる)などが増加中。「ほとんど」もしくは「完全に」肉を食べない人は約250万人(国民の12.1%)に上り、2012年時の9.7%から増えていた。

肉代替食品市場も拡大中で、スーパーには新商品が次々と登場しているほか、ケンタッキー・フライド・チキンやハングリー・ジャックスなどのファストフード店もビーガン向けメニューを試験導入している。そこでCHOICEはスーパーで入手可能な新商品「サンフェド・チキン・フリー・チキン(Sunfed’s Chicken Free Chicken)」の食味テストを実施した。

ビーガン、ベジタリアン、フレキシタリアンに肉好きも加えた10人の評価によると、そのまま食べると「鶏の胸肉やチキンナゲットを焼きすぎた味」で、非常に乾燥した口当たり。「唾液を持っていかれる」との声もあがったが、チキンの味はしっかり感じられたという。一方、カレーやハンバーガーなどの食材として使ったり、炒め調理したりすると味がグレードアップするといい、肉好きを含めた9人が「もう一度食べたい」と評価した。

チキン・フリー・チキンはエンドウ豆(タンパクや繊維)を主原料にライスブランオイル(米ぬか油)、かぼちゃ、酵母エキス、コーンスターチを使用。36.1%がたんぱく質で、皮なしの鶏むね肉(29%)よりも高たんぱくな上、グルテンフリー・大豆フリー・GMO(遺伝子組み換え)フリー。ただし、価格は一箱300グラムで11ドル(約820円)。通常の鶏肉や有機(オーガニック)の鶏肉よりもかなり高価だという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. PL検討委員会
    新しい製造物責任(PL)のあり方を研究する「一般社団法人PL研究学会」(会長・大羽宏一大分大学名誉教...
  2. ホワイトハウス
    来年秋の米大統領選挙に向けた民主党の指名争いで、200ドル未満の少額献金総額が巨額献金総額を上回った...
  3. 全国消費生活相談員協会公開シンポ
    現在の消費者行政はバブル崩壊後の冬の時代に続く、第2期冬の時代に入りつつある――。そんな指摘が11月...
  4. 危険なベビーベッド
    下部に扉付きの収納部分があり、乳児の眠る位置の高さを調整できる木製ベビーベッドを使用中に、相次いで死...
  5. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は11月14日、長年にわたりFTCの詐欺対策を支援してきたとして、米郵政公...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る