葬儀費、料金開示しない業者ほど割高に 米消費者団体が調査

アメリカ消費者連合(CFA)とFuneral Consumers Alliance(FCA、葬儀消費者同盟)は2月10日、カリフォルニア州で実施した葬儀場の料金表示に関する調査結果を公表した。料金をまったく開示せず、州法に抵触する業者が複数確認されたほか、開示が不十分な業者ほどサービス価格を割高に設定していることがわかった。FCAなどは「業者によって価格に大きな差があり、消費者が正しく比較・選択できる環境を整える必要がある」とし、州に法規制の強化を求めた。

カリフォルニア州法で、葬儀業者にホームページでの料金開示を義務付けている。そこでCFAなどは昨年、州が認可した葬儀施設1086カ所のうち203施設(19%)のホームページ調査をおこなった。

調査結果によると、料金をわかりやすく表示していたサイトが全体の44%を占めたが、料金を記載していたものの、わかりにくい場所に表示していたサイトが25%あった。違法ではないが料金を開示していなかったサイトは25%、明らかに州法に抵触するサイトが3%あった。州法では消費者の問い合わせに応じて料金表を提示すれば、ホームページへの開示が免除されている。違法とされたサイトは、オンライン上に料金表を掲載せず、さらに消費者団体の問い合わせにも応じなかったという。

また、価格調査では、料金を開示していないサイトのサービス価格が割高に設定されていることが判明。基本料金で36%、火葬料金で31%、埋葬料金で37%、それぞれ高かった。州法違反のサイトでは、低料金の棺オプションサービスや簡易的な埋葬サービスがあることを開示していないこともわかった。

FCAなどは「葬儀の契約は消費者が失意の中で行うもの。わかりやすく、迅速に料金を比較できるよう、すべての業者がホームページで明瞭に開示すべきだ」とし、州法改正を要求している。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    AIを使った音声クローン技術によるなりすまし詐欺を防ぐため、米連邦取引委員会(FTC)は一般から具体c
  2. 銀行の貸し手責任を問う会事務局長・椎名麻紗枝さん
    弁護士、銀行の貸し手責任を問う会事務局長・椎名麻紗枝さん ◎「行政は国民の護民官たれ」 監督権限、c
  3. 東京都消費生活総合センター
    悪質なホストクラブで若い女性が高額請求され、支払い能力以上の売掛金(ツケ払い)を負わされた末、犯罪行c
  4. コイン
    世界最大の仮想通貨(暗号資産)取引所のバイナンスが11月21日、マネーロンダリング対策を怠るなどの違c
  5. 全相協公開シンポジウム
    ◎不意打ち性・密室性を悪用 規制のあり方を議論 インターネットによるデジタル広告と勧誘が消費者被害c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る