米国農務省研究機関の移転問題 職員の大半が退職する事態に

米国農務省(USDA)の2つの研究機関が、秋にもワシントンDCからカンザスシティへと移転する問題で、転勤対象となる職員の3分の2が退職する意向であることがわかった。移転に反対してきた非営利団体や有識者、農業関係者らは「我々が最も恐れていた人材流出が現実のものとなった。研究機関の崩壊につながる」などと指摘。科学者で作る非営利団体「憂慮する科学者同盟」は5月13日、移転場所の決定プロセスに関する情報開示をトランプ政権に求めたことを明らかにした。

移転するのは経済調査局(ERS)と国立食品農業研究所(NIFA)。2018年8月にソニー・パーデュー農務長官がワシントンDCから900マイル(約1448キロメートル)離れたカンザスシティへの移転する計画を発表し、昨年6月に正式決定となった。今年9月30日までに決行される予定。人件費や家賃などのコスト削減が主な理由で、15年間で約3億ドルの節約につながるとしている。

移転にはUSDA職員をはじめ民主党議員、有識者、科学者、農業関係者、非営利団体などがこぞって反対を表明。人員削減による機能低下や首都にある関係機関との寸断などを理由にあげていた。

報道などによると、異動対象となっていたUSDA職員の3分の2が辞退し、退職する意向。移転計画の発表以降、すでに多くの優秀な人材が流出しており、組織の空洞化に歯止めがかからない状況だという。経済調査局は食料・農業関係の統計を公表しており、その指標は官民で活用されている。一方、国立食品農業研究所は農作物の開発支援などを行い、大学研究を支える存在。2つの研究機関の移転は、トランプ政権下で進められている科学軽視政策の一環とみられている。

憂慮する科学者同盟によると、移転先のオフィスビルには共和党支援者の企業が共同所有者として名を連ねているといい、トランプ政権に対し、移転場所の決定プロセスに関する情報開示を要求。「移転計画は何百人もの科学者を辞任に追い込み、USDAの政策立案能力を大幅に低下させた。移転理由を明らかにし、誰が利得を得るのかを浮き彫りにしたい」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 農薬危害防止運動ポスター
    農林水産省や都道府県などは共同で、6月1日から「農薬危害防止運動」を展開する。農薬散布が増える時期に...
  2. 公益科学センター
    ジョージア州アトランタ市は、市が管轄する敷地内での食品調達指針を策定し、一定の栄養基準を満たした食品...
  3. トヨタアルフォード
    国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)は5月27日、2019年度「自動車アセスメント」評価結果...
  4. 死亡事故が起きているキャバリアチェスト
    米消費者製品安全委員会(CPSC)は5月27日、ふたを閉じると自動でロックする「キャバリア(Cava...
  5. 踏み台からの転倒事故
    いすや踏み台、介護ベッドなどの製品を使用中、バランスを崩すなどして高齢者が転倒・転落する屋内での事故...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る