違法ロボコール10億回、過去最高の罰金 違反抑止には疑問符

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米連邦通信委員会(FCC)は6月10日、健康保険を勧誘するために10億回もの違法なロボコール(自動音声による電話)をかけていたとして、テキサスに拠点を置くテレマーケティング会社に対し、過去最高額となる2億2500万ドル(約240億円)の罰金を科す意向を表明した。

これを受け、消費者情報誌のコンシューマーリポートは「歴史的な罰金の提案を歓迎する」との声明を出す一方で、「罰金が違反行為の抑止につながるのは難しい」との見解を示した。過去の高額罰金事案でも徴収できたのはわずか数千ドルだったといい、高額な罰金措置の効果を疑問視している。

問題の業者はライジングイーグル(Rising Eagle)。FCCによると、同社は2019年1月~4月旬にかけて、大手保険会社などを装い、代理店などを通じて全国で10億回ものロボコールを発信。勧誘電話拒否登録(Do Not Call)をしている消費者にも故意に電話をかけるなどしていた。

2億2500万ドルの罰金提案はFCCの86年の歴史の中で過去最高額。一方で、実際に全額を徴収できるかは疑問視されていて、5人のFCC委員のうち1人も「近年、ロボコール業者に対して目を見張るような数億ドルもの罰金を科してきたが、ほとんど何も得られなかった」と発言した。この委員はウォールストリートジャーナルの記事を示し、2019年に2億800万ドルの罰金を科した事案を紹介。わずか6790ドルしか徴収できなかったと報告していた。

ただし、今回の案件はこれまでと異なり、ライジングイーグル社の2人の経営幹部を対象に罰金を科す方針。個人資産の押収につながる可能性があるという。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. PL対策推進協議会第二回大会
    PL研究学会(大羽宏一会長)の協賛団体でリコール体制の整備や製品事故の未然防止活動に取り組むPL対策c
  2. 半導体不足により自動車メーカー各社が減産に追い込まれる中、米消費者団体コンシューマー・リポートは「今c
  3. 国民生活センター山田昭典理事長インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー コロナ対策を整備 成年年齢引下げ見据え若年消費者への注意喚起積極化 c
  4. 伊藤明子消費者庁長官インタビュー
    ■消費者月間特別インタビュー 食品ロス削減・エシカル消費・消費者志向経営を推進 長引くコロナ禍の中c
  5. ニッポン消費者新聞2021年1月1日号
    消費者月間特別インタビュー 伊藤明子・消費者庁長官 「消費者被害防止、厳正に対処」 ~悪c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る