【香港】「薄さ」競うコンドーム、あいまい表示多く 改善要求

「超薄」「極薄」など薄さを強調する表示が目立つコンドームだが、明確な基準がないまま記載されている事例が多いことが、消費者機関の香港消費者委員会の調べでわかった。消費者委は「こうした表示から消費者が実際の厚みを判断することは難しい」と指摘し、メーカーなどに改善を求めている。

調査したのは主要9ブランドの30製品。約6割の製品に「薄い」、「超薄」、「極薄」、「シャボン玉並みの薄さ」などの強調表示があり、「極薄」表示のある8製品を測定したところ、厚さが平均0.025~0.057ミリメートルと2倍以上の差があった。

また、8製品には「0.01」「001」「0.02」などの数字が大きく記載されていたが、これらの数字に単位の表記がなく、何を示したものかの説明もなかった。「001」の表示があった2製品を測定したところ、それぞれ0.054ミリメートルと0.055ミリメートルで、実際の厚さと数字に関連性がないことがわかった。

調査では、30製品の厚さが0.019~0.093ミリメートルと4倍以上の差があることも判明した。消費者委は「コンドームの厚さについて、各メーカーが独自に強調表示や数字を表示している。明確な基準がなく、消費者が比較して購入できない」として、統一基準や表示の改善などを要求。消費者には「現状に即して最も実用的なアドバイスをするならば、少量を購入して快適性を試してみることを勧める」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 多摩消費生活センター
    東京都が運営する2カ所の消費生活センターのうち、多摩地域の拠点となる「多摩消費生活センター」が202c
  2. ビール
    米国の消費者3団体は11月21日、財務省アルコール・タバコ税貿易管理局(TTB)がアルコール含有量表c
  3. PETボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会がまとめた2021年度ペットボトルリサイクル率は86.0%で、目標とc
  4. 電話相談
    適格消費者団体の消費者市民サポートちば(千葉市)は千葉県弁護士会と共催で、無料の電話相談「消費者なんc
  5. こたつの発火事故
    火を使わないため一見安全そうに見える電気暖房器具だが、発火事故が増加傾向にあり、死亡事故も毎年のようc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る