健康食品・化粧品の「定期購入」相談一段増加 愛知・上半期


大都市圏の都道府県に先駆けて、愛知県は11月27日、上半期(4~9月)の消費生活相談件数を発表した。

県内窓口に寄せられた相談件数は前年同期比11%増の2万5279件と増加し、特に30歳未満の若者からの相談が19.2%増の3782件と増加が目立った。マスクの未達や旅行のキャンセルといった新型コロナ関連の相談が急増したほか、健康食品・化粧品の「定期購入」の相談が前年同期の1.4倍にのぼり、一段と増加した。

県によると、新型コロナに絡んだ相談は3713件で、マスクなどの衛生品の品不足・高価格・未達の相談が目立った。給付金に関する相談に加え、結婚式・ジム・旅行・航空などのキャンセルに関する相談も多く、中にはコロナに便乗した給付金詐欺の相談も寄せられた。コロナ関連相談は7月以降減少し、9月はピークだった4月の約7分の1になった。

また、健康食品・化粧品の「定期購入」に関する相談が一段と増加。1664件と前年同期(1173件)の1.4倍となり、未成年から70歳以上までの全年代から前年同期を上回る相談が寄せられた。2016年度上半期の386件、17年度上半期404件、18年度上半期496件、19年度上半期1173件と増加の一途をたどる状況となっている。

製品やサービスで体調不良等の害を受けたという「危害」相談は、例年と同水準の280件。その中で唯一増加したのが「健康食品」で、前年同期(77件)の1.4倍となる110件の相談が寄せられた。「ネット通販で初回500円の痩身サプリを注文した。飲んでみたら下痢になったため、解約を申し出たところ、『サプリとの因果関係が証明された診断書を提出すれば、途中解約を受け付ける』と言われた。納得いかない」(50代・女性)などの事例があった。

今年度上半期は新型コロナの直撃や非常事態宣言の発出など例年とは大きく異なる状況下にあり、今後発表される各地の相談概要が注目される。

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 電話相談
    愛知、岐阜、三重と名古屋の4県市は1月22日、ガス検針票による消費者ホットライン「188(いやや)」c
  2. 防水スプレー
    靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経c
  3. 消費者庁
    特定商取引法に違反する悪質業者を国や都道府県に通報する「申出制度」の押印が廃止され、PDF形式によるc
  4. ホワイトハウス
    米民主党のジョー・バイデン氏が1月20日、第46代大統領に就任したことを受け、主要な消費者・非営利団c
  5. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る