英政府、電動自転車に補助金 消費者に生活のギアチェンジ促す

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

英政府はサイクリングとウォーキングを促す施策「オペレーション・ギアチェンジ」を進めている。20億ポンドの予算をつけ、自転車レーンの整備や普及プログラムの長期展開、購入支援制度などを実施する計画。英国の消費者団体Which?は施策の内容を解説するとともに、今年の新製品情報を報告。「最大の変化はスマート接続の向上」だとし、ナビゲーションやフィットネスなどの機能や緊急時の通知システムなどを紹介した。

電動自転車普及策は英国の気候変動対策「グリーンリカバリー」の一環。自転車での移動を推奨し、環境配慮、健康増進、コロナ予防、景気対策につなげたい考えだ。高価格なことを理由に購入をためらう消費者が多いことから、手厚い補助金制度を導入する予定で、早ければ春にも支給が始まるという。Which?は価格の三分の一程度が補助される可能性があると予測する。

「オペレーション・ギアチェンジ」計画が昨年7月に発表されて以降、英国内では電動自転車の販売が本格化。自転車販売を積極展開するカー用品チェーン大手のHalfordsでは電動自転車・電動スクーターの昨年の売上が230%増加した。今年は国策に乗って、各社が新モデルの販売競争を繰り広げる。

Which?によると、最新モデルはスマート機能が充実。スマートフォンアプリとの連動やタッチ型ディスプレの搭載により走行距離や走行時間、スピードなどを把握できるほか、ナビゲーションやフィットネスの情報も知ることができる。また、事故発生時に家族に通知し、位置情報を知らせる機能を持つものもあるという。

Which?は「電動自転車は重い上、リチウムイオンバッテリーには寿命があり、リサイクルが難しいが、温暖化ガスの排出削減に貢献し、ユーザーの健康にもメリットがある」と推奨。「初めて購入する人は優れたモーター、バッテリー、走行支援機能を備えた製品を選んでほしい」と呼びかけている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    衣服の分野にも持続可能な生産・消費やリサイクルが浸透し始める中、やや取り残されている感があるのが下着c
  2. 電話相談
    公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、10月中の土日、東京c
  3. 踏切内での電動車いす事故
    電動車いすが踏切で立ち往生し、列車と接触して高齢者が死亡する事故が、2020年までの5年間に5件発生c
  4. テレビ
    米国の消費者団体コンシューマー・リポートは9月21日、薄型テレビの掃除の仕方を紹介した。デリケートなc
  5. U.S. PIRG
    環境保護や公衆衛生に取り組む非営利団体のみで設立した米国で唯一の投資信託会社グリーンセンチュリー・キc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る