無印良品、全飲料をアルミ缶に 高いリサイクル率など重視

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

生活雑貨店「無印良品」を展開する良品計画は、販売する17種類のすべての飲料をペットボトルからアルミ缶に切り替えると発表した。4月23日から順次、全国445店舗で販売を開始。ペットボトル入り飲料は在庫がなくなり次第、店頭から消えることになる。良品計画は「アルミ缶は回収ルートがすでに整備されている上、リサイクル率も高く、賞味期限を延ばせて食品ロス削減につながる」と説明している。

無印良品の全飲料アルミ缶に

ESGのトップランナーを目指す良品計画。包装の見直しも社会的課題を解決する取り組みとして重要なテーマだとしている


23日からお茶や炭酸飲料など主力の12アイテムをアルミ缶に切り替える。残る5アイテムはすでに変更しており、今回の刷新ですべての飲料がアルミ缶での展開となる。

アルミ缶は事業者や自治体による回収に加え、学校や子ども会など地域の草の根回収が活発。リサイクル率は約98%と高く、缶から缶への水平リサイクル率も約67%にのぼる。また、遮光性や透過性が高く、酸化や退色を防げるほか、炭酸ガスが抜けにくいという特性を併せ持つ。このため賞味期限の延伸が可能となり、お茶では40日、炭酸飲料では90日のばすことができるという。

ただ、中身が見えず、商品の魅力をアピールするには工夫が必要。「素材感を感じられるよう植物のスケッチを加えるなどパッケージのデザインを見直した」という。

良品計画の嶋崎朝子執行役員・食品部長は「ペットボトルのリサイクルも進化しているが、現段階で選択すべき素材としてアルミ缶を選んだ」と説明。ラベルをはがすなどの分別が必要なく、キャップをつけたまま回収できるというシンプルさも理由にあげた。

アルミ缶への切り替えにより内容量や価格が変更され、実質的な値上げとなる。嶋崎氏は「ペットボトルほど量産体制が整っておらず、選択肢が少なかった」と説明。技術の進歩や販売拡大に伴い、提供価格の見直しを図りたいとしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 国際消費者機構(CI)
    世界各国の消費者団体が主体となり、各地域で啓発イベントが展開される3月15日「世界消費者権利デー」のc
  2. 消費者庁
    消費者委員会は1月13日、今年最初の本会議を開き、今春施行予定の取引デジタルプラットフォーム消費者利c
  3. コンシューマー
    消費者被害の防止だけではなく、被害にあった消費者の救済へ向けた法制度の整備が必要との意見が高まっていc
  4. 全日本トラック協会(坂本克己会長)は12月23日、「引越事業者優良認定制度」(引越安心マーク)の20c
  5. 公益科学センター
    食品大手が自社商品を有利な場所に陳列するため、スーパーなどの小売業者に多額の金銭を支払う「共同マーケc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る