大掃除には警報器・家具・コンセントの安全点検を 東京消防庁

普段動かさない家具や家電を移動させ、部屋の隅々まで清掃する大掃除は室内の安全点検をおこなう絶好の機会だとして、東京消防庁が火災警報器の点検や家具の転倒防止対策を呼びかけている。近年は新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が増えており、自分自身だけでなく家族や大切な人を守るためにも室内の火災・地震対策が今まで以上に重要になっているという。

火災警報器にホコリや汚れが付くと火災を感知しにくくなるため、乾いた布で拭きとり、正常に作動するかどうか定期的に点検することが重要だ。設置から10年経っている場合は部品の劣化や電池切れが発生する可能性があり、本体を交換する必要があるという。

また、コンセントや電源プラグはホコリや湿気が溜まるとトラッキング現象が発生し、火災につながるおそれがある。長期間さしたままのプラグは清掃し、異常がないかを確認すること。電源コードが家具の下敷きになっていないか、コードがねじれていないかなどもチェックしてほしいとしている。

地震への備えも大事だ。10月7日に千葉県北西部でM5.9の地震が発生した際には都内でも火災やけが人が発生した。家具の大きさにあわせて適した転倒対策器具を設置し、もしもの時に退避路がふさがれないよう、レイアウトにも気を配ること。ベッドや布団の上に倒れてこないよう家具の位置や方向にも注意してほしいと呼びかけている。

対策を取ることでリスクを減らすことができるといい、火災警報器が作動したおかげで火災の被害軽減につながった奏功事例が昨年224件あったという。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る