はしごは昇降用 誤使用は大けがのもと 高齢者事故に注意を

高齢者によるはしごや脚立の事故が起きているとして、NITE(製品評価技術基盤機構)は敬老の日を前に、誤った使用に注意を呼びかけた。NITE製品安全センター製品安全広報課の山崎卓也課長は「はしご・脚立は単純な構造ゆえ取扱説明書や製品に記載されている注意表示を読まずに使う人がとても多い。複数の誤使用が重なって事故に至るケースがみられるので、この機会に正しい使い方を確認してほしい」と語った。

はしご脚立事故

はしごは昇降用で、この上で作業すると危険。75度の角度で設置し、補助者の支えのもと使用することが重要(NITE再現実験より、撮影協力:ピカコーポレイション)

NITEによると、2021年度までの5年間にはしごや脚立の事故が162件あり、そのうち40件は60歳代以上の事故だった。半数近くが誤使用や不注意によるもので、17人が骨折や頭部裂傷などの重傷を負っていた。

はしごは昇降に使うもので、乗った状態で作業するのは危険。立て掛ける角度は75度で、必ず補助者がしっかり支えたうえで使用することが重要という。

一方、脚立は天板に乗ることを禁じている製品もあり、本体表示や取扱説明書を確認することが大事。またがって作業すると倒れる危険性があるほか、昇降面に対して横方向に身を乗り出すと転倒や転落の恐れがある。

NITEは「はしご・脚立での高齢者の転落事故は、ほかの製品と比べて重傷・死亡率が高くなっている」とし、運動能力が低下して身体のバランスの維持が難しい場合、他の人に作業を任せて補助にまわるなど事故防止対策を講じてほしいとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 東京都庁
    東京都は2月8日、組織や事業別に約130あったツイッターアカウントを再編し、19アカウントに集約したc
  2. ホワイトハウス
    バイデン米大統領は2月7日に行った一般教書演説の中で、子どもへのターゲティング広告を禁止する方針を打c
  3. 食品安全グローバルネットワーク院内集会
    ◎表示制度・安全性試験の実態を報告 NPO法人食品安全グローバルネットワークは1月25日、参議院議c
  4. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  5. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る