【米国】エコな洗濯機求め9000人超が意見提出 強化案を支持

洗濯機の省エネ性能の強化を求め、米エネルギー省(DOE)が実施するパブリックコメントに9000人以上の消費者が意見を提出したことが5月15日、非営利団体のU.S.PIRGの報告でわかった。DOEは家庭用洗濯機の効率要件を11年ぶりに更新する方針で、5月2日までパブリックコメントを実施していた。DOEの案が最終決定されれば消費者は光熱費を削減でき、大幅な節水と二酸化炭素排出量の削減につながる。U.S.PIRGは「今のモデルはもはや時代遅れ。エネルギーと水を不必要に浪費することなく、清潔な衣服を着られるようになることを何千もの消費者が支持している」とコメントしている。

提案された基準は家庭用のタテ型洗濯機(トップローダー洗濯機)とドラム型洗濯機(フロントローダー洗濯機)の効率要件を大幅に強化するもの。旧型の撹拌機から効率の良い羽根車への切り替えを促し、高性能モーターの搭載や回転速度・節水性能の向上などを求める。旧式の撹拌機を搭載した多くの製品は、すすぎや乾燥に時間がかかり、衣類に不要なダメージを与えるという。

今回の基準強化により、消費者は30年間で水道・電気代を最大145億ドル節約でき、同じく30年間で5300万トンの二酸化炭素排出量を削減し、2.5兆ガロン(1ガロンは)の節水につながると試算されている。消費者団体や環境団体は「新モデルに最高性能の技術が搭載され、光熱費の削減と気候汚染の防止が実現できる」とし、迅速に成立させるようDOEに要請している。

DOEは連邦法に基づき2018年までに洗濯機の新たな基準を提案することになっていたが、手続きが間に合わず、今日までずれ込んでいた。効率要件の更新は2012年以来11年ぶり。最終決定されれば2027年に発効する。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自前の試験施設を持ち、厳しい自動車テストを行うことで知られる米国の消費者団体コンシューマー・リポートc
  2. ニッポン消費者新聞2024年1月号
    特集 東京都消費者被害救済委員会 紛争解決を推進、今年度は4件を審議 ~新会長に沖野眞c
  3. 東京都庁
    ダイオキシン類やPCB、重金属などの化学物質について、東京都が食事からの一日摂取量を調査し、その20c
  4. 消費者庁
    高齢者が介護ベッド用手すり(サイドレール)の隙間に首などを挟んで死亡する事故が毎年発生しているとしてc
  5. 警察庁
    昨年の特殊詐欺の認知件数は前年比8.3%増の1万9033件で、2009年以降で最多となったことが警察c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る