【米国】ローダ・カルパトキン氏死去 CRを世界最大の団体に

米消費者団体コンシューマー・リポート(CR、前身はコンシューマーズ・ユニオン)の事務局長や会長を務め、世界的な消費者リーダーとして活躍したローダ・カルパトキン氏がニューヨークの自宅で亡くなったことがわかった。93歳だった。団体の会員制雑誌『コンシューマー・リポート』の発行部数を倍増させ、CRを世界最大の消費者団体へと導いたことでも知られている。

各消費者団体やメディアの追悼記事によると、CRの活動に40年以上携わった。元々ニューヨークの弁護士であり公民権運動家だったカルパトキン氏は1974年に女性初のCR事務局長に就任。会長や顧問などを歴任し、役員やリーダーとして組織を率いた期間中、当時200万人だった会員数を500万人以上に増やし、世界最大の消費者団体へと導いた。同団体の現在の会員数は600万人以上とされる。

ローダ・カルパトキン氏

ローダ・カルパトキン氏(コンシューマー・リポートのプレスリリースより)

カルパトキン氏と10年以上CRで活動を共にしたことのあるU.S.PIRGのEd Mierzwinski氏の追悼記事によると、米国と欧州の消費者保護組織TACD(Trans Atlantic Consumer Dialogue)でもリーダーとして活躍。国際消費者機構(CI)の会長にも就いた。多くの国際会議に出席し、交渉相手の「ノー」という言葉を決して受け入れなかったという。

コンシューマー・リポートのマルタ・テラドCEOは「何世代もの消費者にどれほどの貢献をしてきたか、とても言い尽くすことはできない。私たちの組織のいたるところでローダの影響力を見ることができる。並外れた人物であり、勇気ある経営者であり、多くの人にとって最愛の友人であり、われわれのロールモデル(模範となる人物)だった」とコメント。

TACDも組織としての追悼記事を発表し、「1998年にワシントンで発足して以降、2016年まで運営に関わった。欧米で意見の相違があった部分についても文化的な違いを理解し、異なる視点や見方に対する寛容さを持っていた」と評した。さらに晩年の生活の一端を披露し、「人生の最後の数年間を恵まれない人々への奉仕に捧げ、ニューヨークのアッパーウェストサイドで貧しい人々のために情熱を注いで尽力した。事実、彼女は一度も引退したことがないのだ」と記した。

ニューヨーク・タイムズにも追悼記事が掲載されており、多くの人が彼女の功績を讃えている。

 

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 東レインターナショナル片岡社長
    東レ100%出資のメーカー商社、東レインターナショナルは6月13日、グループ初となるアップサイクル事c
  2. 消費者庁
    ◎消費者庁、景品表示法に基づく法的措置概要を公表 消費者庁が公表した景品表示法に基づく法的措置概要c
  3. みそ汁・スープのやけどに注意
    6月11日に閣議決定された水産白書によると、2022年度における魚介類の1人1年当たりの消費量は22c
  4. 日本人の多くの年代で不足がちなたんぱく質。通常の食事で不足するたんぱく質を補うために、各メーカーからc
  5. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る