4自治体、消費者庁に「カモリスト」の提供要請 見守り強化🔓

高齢者や障がい者など立場の弱い消費者への見守り活動を推進する「消費者安全確保地域協議会」――。

消費者庁は令和元年度中に人口5万人以上の全市町での設置を目標としている。その達成率はまだ20%台だが、協議会の必要性への認識は次第に浸透している。消費者安全法に基づく機関として、個人情報の第三者提供が可能となることから、見守り対象の消費者について協議会管轄地域内で個人情報を共有でき、きめ細やかな対応が可能となる。実際、消費者庁が特定商取引法に基づく立入調査の対象事業者から徴取した「いわゆるカモリスト」を活用して地域の見守りを強化する自治体もある。

コンシューマーワイド同庁によるとすでに「協議会」を設置した四自治体からリストの請求があったという。「協議会」は地域消費者行政の推進活動の大きな「核」となる。8月23日、徳島の「消費者行政新未来創造オフィス」は、同県での協議会設置が24市町村すべてで実現したことを踏まえ、設置経緯を事例集としてまとめた。全国の自治体の参考に付すために事例集の普及・周知を図っていく、としている。

◎地域協議会設置への動き活発化

消費者安全確保地域協議会は「見守りネットワーク」とも称され、高齢者・障がい者など立場の弱い消費者を地域で見守ることを目標にしている。16年の改正消費者安全法施行で自治体への設置が提唱された。

各地には従来から「高齢者見守りネットワーク」や「障がい者協議会」などの見守りシステムがあり、当初、多くの自治体は法律に基づく地域協議会の設置を重視していなかった。

だが、従来の組織と区別して別途に設置するのではなく、現在のネットワークを充当したり、それをもとに改組したり、様々な方法があることがわかると、設置数は急増してきた。今年6月末現在…(以下続く)

(本紙9月1日号「コンシューマーワイド」より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 香港消費者委員会
    香港消費者委員会が、シンガポール消費者協会(CASE)との間で、越境消費者トラブル紛争解決に関する協...
  2. 健康食品Q&A
    消費者庁が2017年10月に発行した消費者向け冊子「健康食品Q&A」が好評を得ているようだ。...
  3. 記者会見する伊藤明子長官
    厚生労働省がゲノム編集技術応用食品について事業者が自主的に届け出るよう通知したことに際し、消費者庁の...
  4. NACS怪しい勧誘・広告なんでも110番
    公益社団法人日本消費者生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)は、恒例の「なんでも1...
  5. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月16日、中国人留学生を狙った詐欺の被害が深刻化して...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る