化粧品被害事件など検証 食の安全大阪市民の会、7日にセミナー


9月7日、食の安全を考える大阪市民の会による「原料が食べ物なら、植物なら、天然物なら安全?」と題した無料セミナーが開催される。サブテーマとして「化粧品被害事件が教えること」とされており、幅広い視点から消費者の身の回りの危険性が報告される。

同会によると、何気なく使っている製品による被害の重大性を考える機会にしたいとしている。

例示されるのは、旧「茶のしずく石鹸」によるアレルギー事故と、美白成分「ロドデノール」を配合したカネボウ化粧品白斑事故。茶のしずく石鹸事故は全国で2100人以上が重大な小麦アレルギーを罹患した。ロドデノール配合化粧品では、1万9600人の顔や身体に白斑ができてしまうという被害が発生した。いずれの被害例でも未だに治らず、日常生活を苦しんで送っている被害者が多い。

当日は、弁護士であるとともに薬剤師でもある松本恵美子さんが講演。松本さんは、二つの事件の被害者弁護団に参加するとともに、薬害C型肝炎訴訟、HPVワクチン訴訟などの被害者弁護団も務めた。

セミナーは9月7日(土)、午後6時30分から。大阪文化交流の杜アローブ会議室で。セミナーへの参加及び問い合わせはNPO法人食品安全グローバルネットワークのホームページ参照を。

(本紙9月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2020

新着記事

  1. 香港消費者委員会
    指紋認証やスマートフォンなどでドアの鍵の開け閉めができる「電子錠(スマートロック)」を巡り、誤作動やc
  2. 国際消費者機構(CI)
    各国消費者団体で作る国際機関「国際消費者機構」(CI、本部・ロンドン)は1月12日、3月15日に実施c
  3. イベント
    都内消費者団体が2月9日にオンラインセミナー「ウィズコロナ時代の新しい活動様式」を開催する。コロナ禍c
  4. 赤信号
    新型コロナウイルス感染拡大によりオンラインショッピングの利用者が増えるのに伴い、玄関先に届いた荷物がc
  5. 東京消防庁
    去年1年間に東京都内で発生した住宅火災は、前年から7件増えた1550件だったことが1月14日、東京消c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る