ホクネット、被害事例43件収集 うち10件が「定期購入」

適格消費者団体の消費者支援ネット北海道(ホクネット、松久三四彦理事長)は昨年6月~今年2月まで実施した消費者庁委託事業「消費者被害の実態調査」の結果を発表した。電話受付により43件の被害事例を収集、そのうち10件がサプリメント等の定期購入の事例だった。

委託事業は2016年10月施行の消費者裁判手続き特例法に基づいたもの。収集した消費者被害事例を分析し、同法の規定の見直しに役立てる狙いがある。

実態調査は、ホクネットが北海道地区で週3回、専用電話による情報受付を実施。東北地区では適格消費者団体消費者市民ネット東北の協力を得て、週1回の電話受付を行った。メールでの情報収集も随時行ったという。

その結果、43件の被害事例を収集。最も多かった事例は、近年多発しているサプリメント等の定期購入で10件。次いで建物賃貸借の5件。以下、芸能レッスン中途解約。予備校入学金返還請求、資格講座代金返還請求などの事例も寄せられた。

ホクネットは調査結果を会報「ホクネット通信」(第66号)で報告。道尻豊専務理事は「消費者裁判手続特例法による被害回復が有効と見込まれる案件がいくつもあり、特定適格消費者団体の認定申請を目指しているホクネットにとって貴重な経験となった」とコメントしている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」6月1日号より転載)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 公益科学センター
    スーパーでのレジ待ちの際、誘惑に負けて、近くの陳列棚に並ぶ甘いスナックや飲料を追加購入してしまう人も...
  2. イベント
    企業の消費者関連部門でつくる消費者関連専門家会議(ACAP)は10月28日、創立40周年記念シンポジ...
  3. 食品安全委員会リスコミ官秋元京子さん講演
    インターネット上に健康をアピールする食品があふれる中、全国消費者団体連絡会は9月25日、健康食品との...
  4. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は9月8日から10月2日まで、アプリストアに関する消費者...
  5. 消費者庁事業者名公表
    マンションの管理会社の関係者を装ってインターネット接続サービスが切り替わるとウソを告げて、接続サービ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る