春まだ遠い地方消費者行政 減り続ける相談員・担当職員🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

◎「自主財源」4年連続増も、消費者行政予算のない市区町村増加

消費者庁は11月、「地方消費者行政の現況調査」の結果をまとめ、全国の消費生活センターで相談業務に携わる相談員が2年間で100人減少したことを明らかにした。消費者行政予算のない市区町村は増加し、消費者行政担当職員数も前年度に比べ減少していることもわかった。

自治体職員や相談員の研修実績については、都道府県レベルで多くの参加が得られている中、市区町村では職員の研修不参加割合が高まっていることも判明した。ただ、国からの「基金及び交付金」は減っているとはいえ、厳しい予算事情の中で地方公共団体の「自主財源」は4年連続で増加した。地方消費者行政は消費者政策推進の核だが、相談員数や担当職員数の減少が今後どう消費問題に反映されてくるか、深刻状況を心配する声は強い。調査結果は今年4月1日時点での実態を示すものだが、その後の長引くコロナ禍の中、地方消費者行政はいっそう深刻化していくことが示唆される。消費者委員会は昨年8月、20年後の地方消費者行政のあり方を「報告書」にまとめたが、早急に着手すべき施策も多い。

地方消費者行政、依然「冬の時代」

◎続く「冬の時代」、求められる抜本対策

地方消費者行政の実情をめぐっては、元内閣府国民生活局長で、国民生活センター理事も務めた田口義明名古屋経済大学名誉教授が、昨年11月、「冬の時代」と位置付けたことが話題を呼んだ。

田口さんは、消費者庁発足以降10年間の地方消費者行政の特徴として「予算がピーク時に比べて減少している」「消費者行政担当職員が専管・兼務を含めてピーク時よりも減少している」「消費生活相談員数の各地配置数に改善が見られない」などを挙げ、「バブル崩壊後の冬の時代に次ぐ第二期消費者行政冬の時代」と…(以下続く)

(本紙12月1日号「コンシューマーワイド」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  2. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  3. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEが実施した調査で、大手小売り3社が店内に顔認証機能付き監視カメラを設置しc
  5. 上部隆男さん
    東京都消費生活総合センターで6月21日、ガラス製品のトラブル事例を体験する実験実習講座が開かれ、参加c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る