【米国】ニキビに歯磨き粉塗布を検証 「もっと良い方法ある」

有名モデルも実践していたという、ニキビに歯磨き粉を塗る行為。米国の消費者団体コンシューマー・リポートは歯磨き粉の有効性を検証するとともに、「メリットよりも多くの問題を引き起こす可能性がある」として適切なニキビ治療薬を使うよう推奨した。

同団体が専門家に見解を聞いたところ、ニキビに歯磨き粉を塗る行為はあながち根拠がないとはいえないことがわかった。ハーバード大学医学部のシャディ・クロース皮膚科医は「練り歯磨き粉のアルコール、過酸化水素、重曹などはニキビの縮小や乾燥に役立つ成分だ」とし、「一般の人が家庭療法として試そうと考えるのは理解できる」と語った。

一方で「フッ化物、ラウリル硫酸ナトリウム、香料など皮膚への刺激やアレルギーを引き起こすおそれのある別の成分も含まれている」と問題点を指摘。「逸話に基づく治療方法ではなく、今は安全性と有効性が確認された過酸化ベンゾイルやサリチル酸がある」とし、これらを含む治療薬を推奨した。

コンシューマー・リポートは「ニキビに歯磨き粉を塗るという家庭療法は、昔はこれで十分だったかもしれないが、刺激などの問題を引き起こす。今は科学的に効果が実証された過酸化ベンゾイルとサリチル酸がある」と総括し、「それらはあなたが歯磨き粉を購入しているのと同じ店で、さほど高くない価格で販売されている」と呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 秦好子さん
    エコ・防災コンサルタント、主婦連合会常任幹事 秦好子さんインタビュー ◎横浜市初の女性消防職員 平c
  2. sns
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は1月27日、ソーシャルメディアのインフルエンサーによるc
  3. ウスターソース類テスト
    ◎北海道立消費生活センターが20銘柄テスト 健康志向の高まりを背景に、中濃ソースやとんかつソースなc
  4. 国民生活センター
    ◎国民生活センターがチェックポイント提示 被害に遭ったら迅速対応必要 デジタル社会の影の象徴か、偽c
  5. コンシューマーリポート
    1日に2回は口の中に入れる歯ブラシ――。米国の消費者団体コンシューマー・リポートは歯ブラシを清潔に保c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る