アルミ缶需要、18年は横ばい予測 チューハイ向け伸長

アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)が2月16日発表した飲料用アルミ缶の2018年需要量は、前年比1%減の218億缶と横ばいの予測だった。ビール系の減少が続く中、チューハイ・ハイボール向けが伸長。これまで快走してきたコーヒー向けボトル缶は伸びがやや鈍化するとみた。長期的なアルミ缶需要量は拡大が続いていて、16年には過去最高の223億8千万缶を記録した。直近2年は微減を見込むが高原状態での推移となっている。

アルミ缶リサイクル協会富永泰夫理事長

2018年アルミ缶需要予測を発表するアルミ缶リサイクル協会。中央が富永泰夫理事長(16日午前)

内訳はビール系が2%減の93億8千万缶、その他アルコール系(チューハイ、ハイボールなど)が7%増の37億8千万缶、非アルコール系(コーヒー、清涼飲料など)が1%減の81億6千万缶など。

全体の4割超を占めるビール系は減少が続き、同協会は「ビール液量が13年連続マイナスになったことが影響した」と説明。一方、増加が続くその他アルコール系については、富永泰夫理事長が「飲料メーカーがビールの落ち込みをカバーしようとチューハイやハイボールに注力し、市場も二桁の伸びが続いていると聞いている。アルコール飲料にほぼ100%アルミ缶が使われていることも大きい」と分析した。

一方、ボトル缶が牽引してきた非アルコール系は2年連続となる微減を予想。富永理事長は「18年は前年比4億缶ほど減少すると予想した。ボトル缶自体の伸びは続いているが、伸び率が緩やかになるとみている。飲料メーカーがペットボトルを利用する機会が増えることも推測されるし、昨年は天候不順の影響で清涼飲料水市場が横ばいになったと聞き及んでいる」と語った。

アルミ缶需要量は長期的にみると右肩上がりで推移している。1971年にアルミ製ビール缶が実用化されて以降、ビール出荷量とともに需要が拡大。1980年代にはソフトドリンクのアルミ缶化が成長を後押しした。1994年をピークにビール消費量が減少に転じるも、2000年にはボトル缶が登場。現在は缶チューハイ・ハイボール人気が追い風となり、2000年代の180億缶台から一気に200億缶台へと飛躍。2016年には過去最高の223億8千万缶を記録するなどしていた。

関連記事

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  2. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  3. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  4. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  5. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る