消費者力アップへ活動積極化 石川純子さん🔒

消費者力支援研究所理事長・石川純子さん
◎消費者対応の「質の評価・提案」も推進

「もともとお芝居に関わっていたくて文化事業に積極的な会社に入社したのですが、消費者室長の頃にはお客様対応部門の活動にどっぷりとはまっていました。日々、消費者問題の重要性を肌で感じ、相談対応へのやりがいを実感していたのですが、突然、外資系スーパーによる買収話が持ち上がり、消費者室解散の方針が出ました。懸命に反対したが叶わず、これを機に退社することにしました」

消費者力支援研究所理事長の石川純子さん。長い消費者問題との付き合いをこう振り返る。出発は大学卒業後に入社した西友時代から。消費者室長という女性として社内初の部門長を経験、後の公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)でも初の女性事務局長という重責を10年間務めた。

石川純子さん

日本ヒーブ協議会会長をはじめ、行政機関の各種審議会委員など、多様な消費者問題との接点を持つ。多面的な視点が持ち味だ。

「いろんな経験を持つ多彩な仲間たちが集い、2014年に発足したのが消費者力支援研究所です。日本ヒーブ協議会のOGが中心になって、それぞれの経験を社会に活かしていこうと話し合い、結成しました」

現在のメンバーは、副理事長の高野逸子さんら5人。大半が消費者支援功労者表彰を受けており、支援活動への思いが強い。日本ヒーブ協議会の元会長(代表理事)や支部長経験者で、小回りの効く「少数精鋭」の活動が特徴だ。消費者関連の調査活動には定評がある。

「消費者力支援研究所は、人材育成、教育、コンサルティングなど、消費者問題の分野での様々な要望に応えていきたいとの思いからスタートしました。消費者力の向上は消費者市民社会構築に向けた社会的要請と考えています」

同研究所は、消費者力を「生活現場でさまざまな問題点や矛盾に気付き……(以下続く)

(本紙8月1日号「消費者問題はいまー提言」より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PFASワーキンググループ
    食品安全委員会のPFASワーキンググループは4月26日、第8回会合を開き、「PFAS(有機フッ素化合c
  2. 米国の保険関連非営利組織「国家保険犯罪局」(NICB)は5月9日、盗難車に関する2023年報告書をまc
  3. 伝統的易学業界
    国民生活センターも参加、トラブル事例を解説 伝統的な易学の研究・普及に取り組んでいる占い関連団体がc
  4. 消費者庁デジタル班
    詐欺的定期商法など排除へ 事業者への注意喚起通知1600件 インターネット通信販売に関するトラブルc
  5. U.S. PIRG
    プラスチック製品に欠かせない原材料「プラスチックペレット」の環境への放出を禁止する法案が米下院で支持c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る