10月の月間アクセスランキングを集計しました!

2019-11-1

株式会社日本消費者新聞社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩下道治)は、弊社運営サイト「WEBニッポン消費者新聞」の2019年10月における月間アクセスランキングを集計しました。アクセスの多かったニュースを20位まで集計し、毎月第1週に結果を公表しています。消費者動向を知る上での参考データとしてご活用ください。

第1位:【米国】パスタはダイエットの敵ではない 高い栄養価に注目
第2位:事故例多い機能性表示食品 目立つ肝機能障害 商品名開示必要
第3位:食品表示、8割が「分かりにくい」 用語や小さい文字など理由に
第4位:食品小売り・外食の7割、取引先にHACCP導入求める
第5位:【英国】アーモンドミルクの真実、消費者団体が牛乳と比較
第6位:高カロリーだと敬遠しないで バナナの優れた栄養を紹介
第7位:機能性表示食品情報公開訴訟 消費者庁の不開示理由争点に
第8位:<消費者庁>新長官に伊藤明子氏 新次長に高田氏 9日付けで
第9位:輸入食品「安全面に問題」との回答、35%で過去最低に
第10位:【欧州】政府による食品監視が後退 消費者団体が調査
第11位:有機フッ素化合物PFOA、国連が禁止決議 遅れる実態調査
第12位:相談員数は減少「募集しても集まらず」 地方消費者行政調査で
第13位:ブルボン、紙製ピックで「適正包装賞」 プラ製フォーク切り替え
第14位:ニッポン消費者新聞2019年10月1日号
第15位:埼玉県消費者大会に500人 買い物行動で安全な食を次世代へ
第16位:イオン、特売続けながらチラシで「本日限り」 大阪府が措置命令
第17位:10月は食品ロス削減月間、30日に徳島で全国大会
第18位:高齢者事故、5年で36万人超が救急搬送 「ころぶ」が8割
第19位:レクサスが予防安全性能評価で満点 衝突安全はインサイト
第20位:ウォッチねっと、4機関を採点 消費者庁は25点中14点

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. 愛知県
    愛知県で1月27日から、通訳を介した外国人向け消費生活相談が開始される。実施するのは公益財団法人愛知...
  2. ろすのん
    縁起物として節分シーズンに出回る「恵方巻き」の売れ残りが大量廃棄されていた問題で、昨シーズンの廃棄率...
  3. ミツカン「フルーティス」
    健康志向の高まりを背景に、お酢ドリンクの人気が広がっているようだ。調味料大手Mizkan(ミツカン)...
  4. クルマの安全機能の名称が各社で異なり、消費者の誤解を招くおそれがあるなどとして、米消費者情報誌コンシ...
  5. 自動車
    英国の消費者団体Which?は1月16日、保険会社の最新分析を示し、「交通事故の発生率が最も高いのは...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  2. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  3. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る